Monthly Archives: 7月 2017

CRCで薬剤師の求人もあるんだなぁ

私がかつて勤めていた病院のはなしです。
前立腺癌の末期の患者さんが、その薬の副作用でお乳が痛いので、薬を変えて欲しいと看護師さんが言って来たのです。その患者さんの年は70歳後半。2人部屋で同じくらいのお婆さんと一緒の部屋です。
度々お婆さんに暴力を振るうので、要注意人物でした。
見てみると、確かに少しふっくらとお乳が張ってるのです。
慌てて院長に薬を変えてもらう旨を言いましたが、答えはNO‼️
その薬のせいか⁉️
性格もだんだん大人しくなってきて、お婆さんにも暴力を振るわなくなってきたそうです。
それから3カ月ぐらいに亡くなりましたが、当時は利益重視の院長に怒りを覚えました。

75歳ぐらいのお婆さんですが、スッゴイヒステリー性格だったのです。
少しの時間も薬を待てない。
何してるの‼️早くして‼️時間がないねん‼️おっそいなぁ〜‼️
などなど、大声で怒鳴りまくります。
精神安定剤を朝昼晩毎日投与していました。
私はその薬を飲んで寝てましたので、眠くならないですか⁉️
って質問したら、そんなんならへんわ‼️はよして‼️
って言われました。この質問は度々していました。
そのうちに、少しづつ暴言が少なくなりました。
薬が効いたのかな。

6年ぐらい前まだ勤めていた時は、生活保護の人のたくさん持って帰る薬にビックリしたものです。
ひどい人は大きなビニール袋に2つ。
胃薬。痛み止め。ビタミン剤。湿布藥。漢方薬。
いつも綺麗な身なりで、いっぱい薬を持って帰って、生活保護⁉️
税金の無駄遣いだと、いつも腹立たしかったです。
やっと近頃政府がメスを入れたので、ホッとしてます。

それと母子家庭の人。
風邪を引いたり、塗り薬が出る時は、瓶代、ケース代をいただくのですが、なんでお金いるの⁉️
と優遇されてるのにあぐらをかいて、参りました。
そんなお母さんに限って、オシャレをしてたな。

老人の方の湿布藥と痛み止めと胃薬。
これも近頃マシになりましたが、それはそれは、そんなにいつも張ってたら、皮膚が負けるでしょう。
誰にあげてるのかな⁉️
っていつも思ってました。

介護保険料、保険に日本人はかなりのお金を払ってます。
年配の方も幸せなことに、介護保険を使わないで済む人もいれば、目一杯使ってる人もいます。
それが正規に本当に有効なのであればいいのですが、
私の、つぶやきです。(笑)色々と裏のこともありますが、今日も患者さんの事、治療法、新薬の研究など医療関係者の方の頑張りのおかげと感謝しています。
⇒⇒crc薬剤師求人